介護ソフト立上げで効率UP【繰り返すMISSがLOSSに繋がる】

パソコン

事務管理とスタッフの向上

おじいさんと介護士

介護施設でサービスを行なう際に、エクセルなどを利用した請求業務など、事務処理のことで戸惑ったことなどがこれまでにあったという介護施設は少なくありません。月末の締め日にならないと請求業務についての詳しい状況がなかなか知ることが出来ない場合や、現時点での経営状況も確認が正しく行なえない場合などの問題が発生してしまいます。それ以外も、介護区分の違いや、利用実績の回数に誤差、認定切れ、サービスコードのミスなどの問題があります。このような内容出ない場合でも、請求事務というものはとてもミスのしやすい内容です。問題はすべて手間や時間がかかり業務自体に影響が出てしまいます。ですから、算定処理などのミスをなくすことと請求業務に特化したサービスが、介護ソフトなのです。

介護ソフトを提供している会社によっも仕様には違いがありますが、請求書の作成や算定処理、ケアマネージャーへの報告などが連動されている場合は、毎日の業務で正しい入力を行なうだけで、月々の請求業務データをオートマチックで処理してくれるのです。また、実績登録や予定、利用者の情報登録なども同じく連動されていることで快適な処理を行なうことが出来ます。介護ソフトを立上げることで、サービスを利用している全ての人の状況をひと目で把握することが出来ます。事務的な管理が合理的に行える以外にも、スタッフの連携も向上することに期待ができます。介護ソフトを立上げて介護サービスを快適に進めて行きましょう。